transparent

ホーム > 事業紹介

事業紹介

消費者相談

消費者相談はシロアリに関する事やシロアリ防除に関する相談にお答えしており、ご相談の内容によっては、各県の消費者センターと連携して対応を行う場合もあります。

各県の生活センターは下記に示します。

  • 徳島県消費者情報センター〒770-0902 徳島市西新町2-5 TEL:088-623-0611
  • 香川県消費生活センター〒760-8570 高松市番町4-1-10 香川県庁内 TEL:087-833-0999
  • 愛媛県消費生活センター〒791-8014 松山市山越町450 TEL:089-925-3700
  • 高知県立消費生活センター〒780-0935 高知市旭町3-115 こうち男女共同参画センター 2階 TEL:088-824-0999

地震対策

シロアリは建物の強度を弱めてしまいますので、地震時に倒壊の原因になります。建物は建築基準法の目的に「人の命を守る」ものです、ところが、強度が弱って倒壊すれば、建物が凶器となって襲いかかります。

  • 国交省四国地方整備局
  • 松山さんちの震災対策 松山市
  • 高知県木造住宅耐震診断マニュアル 高知県
  • 南海地震に備えちょきv 高知県
  • 耐震改修の基礎知識 香川

徳島県耐震支援事業 香川県耐震マニュアル(pdf) 愛媛県耐震マニュアル 高知県耐震マニュアル(pdf)

国は、地震対策として、昭和56年以前に建築した住宅の耐震診断を勧め、耐震強度が不足した住宅の耐震補強工事費用の補助制度を設けています。
耐震改修工事で忘れてならないのはしろあり対策です。
詳細は各県の建築住宅課へお問い合わせして下さい。

徳島県 http://www.pref.tokushima.jp/soshiki/juutakuka/ 香川県 http://www.pref.kagawa.lg.jp/jutaku/taishinhojyo/ 愛媛県 http://www.pref.ehime.jp/h41000.html 高知県 http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/171901/

災害時の避難場所のシロアリ調査・点検

避難場所が健全な状態でなければなりません、建物の構造体や床かシロアリの被害を受けていないか、又、保管備蓄している毛布や食料品がシロアリの被害を受けていては、非常時に必要な対応が出来ません。行政当局と連携して、これらの、施設を定期的にシロアリの調査点検をボランテイアで行う事を検討しています。

災害時の防疫作業

東日本大震災・阪神淡路大震災では、地方自治体の要請を受けて、当協会の会員が蠅の防除や殺菌消毒等の防疫事業に活躍しました。若し、四国に災害が起こった時には会員一丸となって防疫事業に携わります。

保証期間

シロアリ防除の保証期間は薬剤の持続効果から、四国地区しろあり対策協会は「ヤマトシロアリは5年、イエシロアリは3年、アメリカカンザイシロアリは保証が出来ません」としています。

新築時に注意して頂きたいこと

  • 新築時に注意して頂きたいこと
  • 新築時に注意して頂きたいこと
  • グラスウールに造ったシロアリの巣グラスウールに造ったシロアリの巣
  • スタイロフォームの被害スタイロフォームの被害

1.建物の基礎に発泡スチロールなどのシロアリが木材より好む断熱材を貼り付けたり、コンクリート床の下に設置すると、シロアリを建物に呼び寄せます。この場合は、これらの断熱材を撤去しなければなりません。新築時にこのような工法を取らないようご注意下さい。

2.建物の維持管理 床下の改め口 建物の維持管理の為には床下に人が入ることが必要です、そのために床下に入れる「床下改め口」を必ず設けて下さい。又、床下の全域に人が移動できるように基礎に通路を設けることも必要です。

ホーム協会紹介事業紹介会員名簿しろあり相談サイトマップ個人情報保護について

ページの先頭へ戻る